『手塚治虫ランド』(手塚治虫)

ID
01409
形態
単行本
タイトル
『手塚治虫ランド』
著者
手塚治虫
販売価格(税込・送料別)
\600(本体価格\572・送料別)
初版発行日
1977/08/15
第11刷
発行時の定価
\1365(本体価格\1300)
出版社名
大和書房
状態
小口シミあり
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『手塚治虫ランド』

エッセイと短篇マンガ集。
大学は阪大の医学部である。これは、例の病気(消毒をしていない注射針で注射をされてかかった病気のこと・筆者註)がきっかけで選んだのであったが、ずっと描いていた漫画で、ぼくは流行っ子になっていた。その原稿に追われて、病院の中で原稿を描いたり、看護婦に色ぬりをやってもらったりして、おかげでとうとう留年してしまった。(中略)卒業間際になって、医者になろうか、漫画家になろうか、迷いに迷ったあげく、母に決めてもらおうと話すと、それなら今自分が好きなものをやれと言ってくれた。もちろんぼくは漫画をとった。弱虫の裏返しであったかもしれない漫画が、僕の一生の表街道になったわけである。(本書「ガジャボーイ登場」より引用)
“看護婦に色ぬりをやってもらったりして”という光景を思い浮かべるとオカシイ。本書の大半は活字です。

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ