『水木しげるの妖怪文庫  全4巻  (四冊組)』(水木しげる)

ID
01222
形態
文庫
タイトル
『水木しげるの妖怪文庫  全4巻  (四冊組)』
著者
水木しげる
販売価格(税込・送料別)
\1000(本体価格\953・送料別)
初版発行日
1984/07/04
1999/08/04 新装版初版
発行時の定価
\0(本体価格\0)
出版社名
河出書房新社(河出文庫)
状態
各巻とも小口ヤケあり(少し深い)
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『水木しげるの妖怪文庫  全4巻  (四冊組)』

怪異と不思議の饗宴・・・当代日本の妖怪博士が集大成した“見えない世界”の住人たち。百鬼夜行、魑魅魍魎、さまざまな想像上の生き物たちが、細密な絵で鮮やかによみがえる。京極夏彦の手による待望の新装版!!(宣伝文)
妖怪というものは人間が感ずるものであり「ハッ」と感じたトタン、妖怪はその人の頭の中に棲みつく。(中略)そのハッとする力を共有することによって、すなわち、じいさんから孫へとか、子供から子供へと伝わり、いまだに頭から頭へと妖怪は生きつづけている(もっとも少数だが・・・)。そもそも妖怪はその実在を「ハッ」と強く感じない者にはいないのであって、妖怪が細々と生き永らえているのは、その「ハッ」とさせる強い力をまともにうける少数の人の力による。学者が妖怪を解剖してみても、そこには妖怪はいない、それは死体である。(あとがきより)

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ