『二葉亭四迷の明治四十一年』(関川夏央)

ID
01167
形態
文庫
タイトル
『二葉亭四迷の明治四十一年』
著者
関川夏央
販売価格(税込・送料別)
\300(本体価格\286・送料別)
初版発行日
2003/07/10
第1刷
発行時の定価
\619(本体価格\590)
出版社名
文藝春秋(文春文庫)
状態
古本として並
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『二葉亭四迷の明治四十一年』

原文一致体の提唱者として文学史に名を残す二葉亭四迷は小説家の他にロシア文学者、大陸浪人など様々な顔を持つ複雑な人物だった。明治後期、文明の利器の有無を除けば、社会構造は現代と殆ど違わぬ段階に達していたが、人々は「生活上の緊張感と志の高さ」を未だ失わずにいた。明治の時代精神を描く長編評論。(カバー文)

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ