『田宮模型の仕事  木製モデルからミニ四駆まで』(田宮俊作)

ID
01091
形態
単行本
タイトル
『田宮模型の仕事  木製モデルからミニ四駆まで』
著者
田宮俊作
販売価格(税込・送料別)
\300(本体価格\286・送料別)
初版発行日
1997/07/07
1997/07/31 第4刷
発行時の定価
\1575(本体価格\1500)
出版社名
ネスコ
状態
最終2ページ目立つシワあり  帯付
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『田宮模型の仕事  木製モデルからミニ四駆まで』

模型ファンの知らない模型屋の話  工夫につぐ工夫・・・工夫することが、なぜこんなに楽しいのだろうか。模型づくりは「男の花園」だ。苦しいが楽しい。(帯文)
(主な内容)木製模型との幸せな出会い/泣く泣くプラモデル製作に転向する/プラモデルは金型が命/取材こそ模型づくりの基本/とことんやるのがホビーの世界/山あり谷ありミニ四駆の十六年間
昭和40年代のスロットカーブームに一役買った田宮の「ジャガーD」。金持ちの子にしか買えないような高価な品だった。アメリカではまったく相手にされなかったが、ヨーロッパで最初に火がつき、マニアに田宮の名前が知られるようになった。後輪にサスペンションを付けたり、車体の重量をやや重くしたりする細かい工夫がイギリスのホビーマニアに絶賛された。やがてスロットカーは急速にマニア化したつけがまわり、ブームで終わってしまうのだが、そのとき得た、ビギナーを育てるべしという教訓は、ミニ四駆ブームのときに活かされていったという。

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ