『谷川流攻撃将棋  自戦記  十二局』(谷川浩司)

ID
01049
形態
単行本
タイトル
『谷川流攻撃将棋  自戦記  十二局』
著者
谷川浩司
販売価格(税込・送料別)
\800(本体価格\762・送料別)
初版発行日
1987/06/10
初版
発行時の定価
\924(本体価格\880)
出版社名
成美堂出版
状態
後遊び紙はがしあとあり
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『谷川流攻撃将棋  自戦記  十二局』

辛抱が功を奏した一局<王将戦リーグ対桐山九段戦>
気合が充実した一局<王将戦リーグ対中原王座戦>
三十秒間の危機<全日本プロトーナメント決勝第二局>
時間切迫に泣いた一局<第四十三期名人戦第一局>
手が見えなかったのが勝因<第四十三期名人戦第四局>
意志を通すべきだった<第四十三期名人戦第六局>
最後に玉の固さが生きる<王座戦トーナメント>
流れを変えるために<王座戦挑戦者決定戦>
二転三転の大熱戦<全日本プロトーナメント対板谷八段戦>
納得がいく勝ち方<A級順位戦>
相手を責める指方が成功<全日本プロトーナメント決勝第二局>
粘り勝ちの一局<A級順位戦>
二十一歳、史上最年少で名人位を獲得してから、早や三年が経とうとしている。名人になった時と現在とを比べると、香一枚強くなっているはずである。それなのに、何故ここ二、三年での実績が挙がっていないのか。一言でいえば、将棋の怖さを知ったからである。名人位に一直線に向かっていた頃は、怖さを知らずに勢いだけで勝っていた。それが、勝負の経験を積むにつれて怖さを覚え、高い勝率を挙げているにも関わらず、重要な一番で負けることが増えたのだと思う。本書は、その中で59年10月頃から61年3月頃までの自戦記をまとめたもので、大げさではなく、谷川浩司の苦闘の記録といえよう。(カバー文)

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ