『独断  これが日本だ。』(青木雄二  北野誠)

ID
00998
形態
文庫
タイトル
『独断  これが日本だ。』
著者
青木雄二  北野誠
販売価格(税込・送料別)
\400(本体価格\381・送料別)
初版発行日
2003/02/15
初版
発行時の定価
\519(本体価格\495)
出版社名
幻冬舎(幻冬舎アウトロー文庫)
状態
古本として並
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『独断  これが日本だ。』

このままで日本の将来は大丈夫なのか?一億円近い退職金を手にする美味しい職業=官僚。「死人に口なし」的な判決を連発する想像力の足りない裁判官。自らが理解していない「経済」を語る政治家。彼らに国の舵取りを任せておいて、本当にいいのか!?一般国民が苦しむ、わが国の姿を青木雄二と北野誠が、丸裸にする!文庫書き下ろし。(カバー文)
(目次)
第一章自民党の功罪
今の世の中、無罪になったら勝ちですわ/田舎に行くほど自由民主党が強い理由/巨人ファンは自由民主党支持者が多い/小泉総理は馬鹿ですわ/共産主義でも、女の取り合いだけは不平等 ほか
第二章正直者が馬鹿を見る国・日本
自分の胸に手を当ててよう反省せなあかんで/見つからんかったら何してもええねん/裁判の判決なんておかしなことだらけ/法律知らんもんは、ものすごく馬鹿見てます/裁判官は「論語読みの論語知らず」やな ほか
第三章預金封鎖への足音
税金払うんやったら、寄付したほうが賢い/国の言ってることなんて信用したらいけませんよね/終戦直後より状況は悪い/一般庶民も勉強せなあかんいうことですよ/サブマシンガンの導入はショックやったな ほか

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ