『賭ける魂 闇に消えた20世紀最大のギャンブラーを追って』(月本裕)

ID
00972
形態
単行本
タイトル
『賭ける魂 闇に消えた20世紀最大のギャンブラーを追って』
著者
月本裕
販売価格(税込・送料別)
\800(本体価格\762・送料別)
初版発行日
1998/08/21
第1刷
発行時の定価
\1995(本体価格\1900)
出版社名
情報センター出版局
状態
カバー・本体フチ少々傷みあり
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『賭ける魂 闇に消えた20世紀最大のギャンブラーを追って』

日本の株式で巨万の富を築き競馬で200億円負けた男。バブルの紳士、会社乗っ取り、ワラント債、デリバティブ、ブラックマンデー、逃亡犯罪人、サラブレッドビジネス、ヒシアマゾンの母馬、そして。世界中の誰よりもギャンブルに狂い、いくら負けても賭けることをやめなかったその男。世界のギャンブル史上もっとも激しく没落した実在の人物、テリー・ラムスデンをめぐる数奇な運命の物語。(帯文)
1980年代の半ば、のちに日本競馬史上最強の牝馬と呼ばれたヒシアマゾンの母となる、名牝ケイティーズの馬主としてイギリスの競馬会に颯爽と登場し、わずか数年の間に200億円以上の財産を競馬とドッグレースに注ぎ込んで失った男―バブル期直前、日本の株式市場を舞台にしたデリバティブ取引で莫大な成功を収めながら、ブラックマンデーの到来によって破滅し、歴史の表舞台から姿を消した謎の人物―テリー・ラムスデン。―禁断の領域に踏み込んだ人類史上ただ一人の男が、未曾有のギャンブルの果てに見てしまったものは何だったのか?彼はなぜ賭け続けたのか?欲望の深淵には何があるのか?ぼくはそれを知りたかった。(カバー袖文)

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ