『「本の雑誌」傑作選・風雲篇  別冊本の雑誌11』(本の雑誌編集部=編集)

ID
00663
形態
単行本
タイトル
『「本の雑誌」傑作選・風雲篇  別冊本の雑誌11』
著者
本の雑誌編集部=編集
販売価格(税込・送料別)
\300(本体価格\286・送料別)
初版発行日
1995/11/20
初版第一刷
発行時の定価
\2039(本体価格\1942)
出版社名
本の雑誌社
状態
少々ヤケあり
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『「本の雑誌」傑作選・風雲篇  別冊本の雑誌11』

(目次)PART1 世の中には面白い本がたくさんある―クーパー『モヒカン族の最後』を読む(齋藤英治)、『ありがとう徳山村』は名作である(中村征夫)、もう一人の小林秀雄(槌田満文)、大杉栄『昆虫記』を読むと気分はスカラベである(祖師谷仁)  ほか
PART2 この業界の謎と秘密といろいろな意見―座談会/いい編集者、よくない編集者(逢坂剛/大沢在昌/北方謙三/宮部みゆき)、「ようなもの通信」傑作選、私の偏愛書店  ほか
PART3 やっぱり活字は愉しいのである―角川文庫のアメリカ文学が僕の大学だった(坪内祐三)、改題奇談(新保博久)、ぐわんばれ、アメリカン・フットボール(高見浩)、私のオールタイムベストテン(赤瀬川原平)、競馬ハウツー書の愉しみ方(立川末広)、『古代人はどう暮らしていたか』をFAXで送ったのだ、私のメロメロ本五冊(中野翠)  ほか
PART4 わからないことは調べてみるのだ PART5 座談会の多い雑誌だったと思う PART6 活字周辺のさまざまな話 PART7 それではベスト10を選んでみよう  ほか

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ