『チェイン氏の秘密  No.814』(F・W・クロフツ=著  宮西豊逸=訳)

ID
00576
形態
新書
タイトル
『チェイン氏の秘密  No.814』
著者
F・W・クロフツ=著  宮西豊逸=訳
販売価格(税込・送料別)
\900(本体価格\858・送料別)
初版発行日
1963/12/31
初版
発行時の定価
\315(本体価格\300)
出版社名
早川書房
状態
かど傷みあり  折りぐせあり
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『チェイン氏の秘密  No.814』

マックスウェル・チェインは、巧みに近づいてきたヒューバート・パークスと名乗る男に、強力な麻薬が盛られた酒を飲まされ、昏倒してしまった。長い眠りからさめたとき、チェイン氏は身体中さがし荒され、パークスは消えうせていた。チェイン氏が帰宅すると、自宅は家捜しされて居間一面に書類が散らばっていた。パークス一味とは何者なのか。彼らの狙うチェイン氏の秘密とは何か?その秘密をめぐって展開される絢爛豪華な探偵小説!

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ