『迷宮課事件簿  <迷宮課シリーズ1>  No.730』(ロイ・ヴィカーズ=著  村上啓夫  ほか=訳)

ID
00567
形態
新書
タイトル
『迷宮課事件簿  <迷宮課シリーズ1>  No.730』
著者
ロイ・ヴィカーズ=著  村上啓夫  ほか=訳
販売価格(税込・送料別)
\400(本体価格\381・送料別)
初版発行日
不明
1974/11/15再版
発行時の定価
\661(本体価格\630)
出版社名
早川書房
状態
古本として並  ビニールカバー付
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

『迷宮課事件簿  <迷宮課シリーズ1>  No.730』

16才も年上の愛人をもつ若い男が、妻に愛人との絶縁を迫られ、思わずかっとなって妻を殴り殺してしまった。この男は愛人と妻にそれぞれ名前を使い分けていたため、警察の捜査は難航する。迷宮課の地道な捜査により、二つの名前を持つ男が絞られていくのだが、そのきっかけとなったのは、新婚旅行のときに買ったゴムのラッパからであった。倒叙もの傑作本格推理短篇小説集「迷宮課シリーズ」

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ