『真剣師小池重明  ”新宿の殺し屋”とよばれた将棋ギャンブラーの生涯』(団鬼六)

ID
00212
形態
単行本
タイトル
『真剣師小池重明  ”新宿の殺し屋”とよばれた将棋ギャンブラーの生涯』
著者
団鬼六
販売価格(税込・送料別)
\900(本体価格\858・送料別)
初版発行日
1995/02/20
1996/03/11第7刷
発行時の定価
\1835(本体価格\1748)
出版社名
イースト・プレス
状態
見返しにシミとはがしあとあり
※状態についての詳細は「品質の表示について」をご覧下さい。

内容紹介

真剣師  小池重明とはこんな男だった―賭け将棋にめっぽう強く、“新宿の殺し屋”、“プロキラー”と呼ばれた。連続二期アマ名人となり、特例でプロ棋界入りの話も出たが、寸借詐欺事件を起こし、アマ・プロ棋界から追放された。女性関係にだらしなく、人妻との駆け落ち歴も三回。葬儀屋、運転手、土方稼業など職を転々とし、放浪癖と逃避癖は生涯抜けることがなかった。子供のころは貧民窟とバクチ場のなかで育った。

ご注文

※ご注文の前に、送料とご注文方法をご一読ください。

ご注文はこちらのボタンからどうぞ

※セキュリティソフトから警告を受けることがありますが、無害です。

『オンライン古本屋ごきげん堂』トップページ